清水工務店二代目の等(ひとし)です。

清水工務店は私の父、清水照男(しみず・てるお)が、修行の末に二十八歳の時独立、起業しました。 丁度私が生まれた頃です。
うちの屋号であるかねテ (かねテ)は大工道具である「指矩(さしがね)」に照男のテをあしらったものです。 私は子供の頃から大工の家で育ち、他の 事は何もわかりませんが この道一筋で他人様に誇れる腕を身につけて来ました。
長く外様に修行に出ておりましたが、昨年父のもとに戻り清水工務店を継ぐ事になりました。 父譲りの頑固さで、弟の誠ともども、今後も妥協の無い仕事をして行きたいと思います。
インターネットをご覧の皆様、どうぞよろしくお引き立ての程、お願い申し上げます。
弟の清水誠(しみず・まこと)です。

主に設計などを担当しています。
時代はどんどん変わっています。職人の世界も新しい技術を貪欲に学んでゆかなければ、取り残されてしまいます。「家を建てる」という仕事もずいぶん様変わりしましたが、どうしても譲れないところが出てくるのは、私が職人の家に生まれたからでしょうか。
伝統の技術を新しい時代に引き継いでゆくためにも、父や兄のような頑固一徹の職人ばかりではなく、インターネットなど新しい文化をどんどん取り入れ、守るべきものを守って行くのが私の使命だと感じています。
これからも本物の家づくりを、兄ともども二人三脚で受け継いで行きたいと思います。
2007©Shimizu Komuten co.ltd. All rights reserved.