S邸外観右 S邸外観左
最近になって木造住宅が見直されています。「実はコンクリートや鉄骨よりも強い」「保温性、調湿性に優れ、生命活動に優しい」「実は火災時生存率が高い(鉄骨のように熱で構造がすぐ崩れない)」「実は耐震性にも優れている」などの理由によるものですが、これはあくまでも良い材料で正しい建て方をした場合の話です。
S邸外観右 S邸外観左
この木の良さとこの仕事をご覧ください。見る方が見れば一目瞭然なので載せています。
確かに材料費も手間賃も決して安くは上がりません。時間もかかります。しかしどうでしょうか?大手ハウスメーカーに発注された場合の中間手数料を考えれば、同じぐらいではないですか?出来上がる家には雲泥の差があります。
S邸外観右 S邸外観左
本物の木は呼吸しています。家になっても、成育した歳月と同じ歳月を生き続けると言います。しかし本物の木は大変扱いが難しく、熟練の大工でも施工中に天候の変化が激しければヒビを入れてしまう可能性がゼロではありません。このような本物の木を扱える職人は、
どんどん減ってきているのが実情です。伸縮の少ない安い乾燥材を使えば、低コスト、低スキルで出来上がるからです。
S邸外観右 S邸外観左
清水工務店は、建てた時の満足感を是非味わっていただきたい。他とは一味違う、
あなただけの価値ある家をお建てしたい。
本物の木は家として生まれ変わり、10年後20年後…更にその先を
あなたとあなたの家族と共に生き続けるからです。
その時再び、あなたの選択が正しかったと確信することでしょう。
2007©Shimizu Komuten co.ltd. All rights reserved.